トイプードルってどんな犬?

~プードルについて~

プードルには魅力がいっぱいです。ブリーダーよくへご質問を頂くことについて ご説明致します。

★ 歴史

プードルの歴史はたいへん古く、はっきりとしていません。ヨーロッパ地方で、撃ち落とされた水辺の鳥を泳いで拾い集める鳥猟犬として活躍していて、後に小型化され、フランスの貴婦人の間で愛玩犬として飼われるようになったようです。嗅覚がすぐれていることから、トリュフ掘りにも使われていました。
鳥猟犬としての活発なところや頭の良さ、従順さ、フランス貴族で愛されていたおしゃれで上品な所が、現在もなお受け継がれ、プードルの人気を維持しています。

★ 大きさ

現在、日本では、プードルのサイズは体高(地面からキ甲までの高さ)によって、4つに分けられています。
・スタンダード・プードル(体高45~60cm)
・ミディアム・プードル(体高38~48cm)
・ミニチュア・プードル(体高28~38cm)
・トイ・プードル(体高28cm以下)

ティーカップ・プードルは米国では認められており体重1.8kg未満とされていますが、日本(JKC)では公式には認められておらず、一般的にトイプードルの中で成犬時の体重が2kg未満のプードルがティーカップ・プードル(サイズ)と呼ばれています。また、それよりも少し大きく、体重が2kg台になるプードルがタイニー・プードル(サイズ)と呼ばれています。
ちなみにトイプードルの標準体重は2.5~4.5kg。同じ大きさでも骨の太さ、肉のつき方により差が出てきますので、体重はあくまでもご参考程度に。

最近、小さいサイズのプードルが人気ですが、将来は「ドッグランに連れて行きたい!」「近所のわんちゃんと遊ばせたい!」とお考えでしたら、他の犬とじゃれ合っていて骨折する例もあるため、大きさにこだわらず骨格がしっかりした子を選んだ方が安心です。

★ 毛色

きれいな一色毛であることを理想とし、ブラック、ホワイト、ブルー、グレー、ブラウン、アプリコット、クリーム、シルバー、シルバー・ベージュ、レッドなどがあり、同色内の濃淡はあります。カフェ・オ・レ色はブラウン系色の中に含まれます。
繁殖しているブリーダーはあまりおりませんが2色以上のパーティーカラーはアメリカやイギリスで人気が出てきており、また違う色の差し毛があっても健康上は問題がないので、個性的な子をお探しの方に人気です。

また、プードルは歳を重ねるにつれて、毛色が変化し退色する犬種です。レッドやアプリコット、シルバーなどの中間色だけではなく、基本色であるブラックやホワイトでも一部分に違う色の毛が生えてくることもあります。
色が変化する時期やスピード、程度に個体差はありますが、基本的にプードルの毛色が変わることは自然現象であることと認識しておきましょう。

ホワイト・・・基本色。子犬の時はクリームに近い色をしている子も多い。
将来、カラーリングを楽しむ楽しむことができる。
ブラック・・・基本色。光沢の無いジェットブラックと呼ばれる漆黒から、毛先が
赤っぽく見える色まである。かっこ良く、上品なイメージ。
レッド・・・ホワイトやブラックに比べると歴史が浅い色だが、テディーカットの
火付け役となった今一番人気のカラー
レッドの中でも赤に近い茶色から、ダークな茶色までさまざま。
アプリコット・・・淡いオレンジに近い色。部分的に毛色の濃淡がある。
ホワイト同様、カラーリングを楽しむことができる。
ブラウン・・・あまり見かけない色だが、実はホワイトやブラックと同様に古くから
ある色で基本色。目ぶち、鼻、リップラインがレバー色。
シルバー・・・子犬の時はブラックで、成長とともに鼻先、足先から色が薄くなり、
成犬でも部分的に毛色に濃淡がある。

 

 

~トイプードルを飼う前に知っておくこと~

トイプードルは性格、容姿ともにすばらしい犬種です。ですが、その魅力を活かすには注意点もいくつかあります。良い面だけではなく、大変な面も認識した上で トイプードルとの新しい生活を始めてください。

 

★ トイプードルにかかるお金

トイプードルを飼われる大半の方が“かわいいカットでおしゃれを楽しみたい”と思っているはずです。が、人間と一緒でおしゃれをするにはお金が必要です。ボサボサになってしまうのは、見た目が悪いだけではなく、毛が多く密生しているトイプードルは毛のもつれにより皮膚のトラブルになりかねないので、月に1回のトリミングが必要です。
そこで、他の犬との大きな違いはトリミング代でしょう。
トリミングサロンや、普段の飼い主さんによるお手入れの状況にもよりますが、トイプードルの1回のトリミング料金の平均は6000~8000円です。

その他、トイプードル以外の犬にも共通しているお金として、食事代(2,000円前後/月)、トイレシーツ、ケアグッズ、おもちゃなどの飼育用品代(3,000円前後/月)、ノミ駆除やフィラリア予防の医療費(1,000円~/月)、年に1度のワクチン代や、飼い主さんが旅行した時にかかるペットホテル代、急な怪我や病気の治療費、去勢手術(2~3万円)、避妊手術(3~5万円)など、生体を購入する以上にその後の費用がかかることもお忘れなく!
このように考えると月に1万5千円の出費は覚悟しておいた方がいいでしょう。

★ 日常のお手入れ

ぬいぐるみのようなフワフワの毛は トイプードルの毛が細く、巻き毛で、密生しているからです。
そのフワフワを維持するには 最低週に1~2回(毎日がベスト)のブラッシングが必要です。
毛が絡まり合うと 皮膚炎を起こす原因ともなります。見た目の良さだけではなく、健康面においてもトイプードルにとってブラッシングは欠かせないのです。
また、トイプードルの耳は垂れていて、耳の中に毛も生えているため、通気性が悪く蒸れやすくなっています。そのため細菌が発生しやすくなっていて、外耳炎にもなりかねません。週に1度の耳掃除も必要です。

★ しつけ

いくらトイプードルが賢いといっても、人間社会で犬が一緒に暮らすのですから、飼い主さんが子犬に正しいルールを教えてあげないと、その長所は活かされません。
賢く、運動能力があるトイプードルだからこそ、しつけは重要です。
子犬と飼い主さんとの間に主従関係が成り立っていないと、その賢さに飼い主さんが振り回されることになり、飼い主さんが子犬を抑制できないと活発な運動能力は暴走し、飛びつき癖やいたずらへとつながります。

★ お散歩

小型犬でもお散歩は必要です。家の中で走り回っているだけでは運動になりません。
トイプードルは活発なので、ストレス解消、体力作りのために適度なお散歩をしてあげましょう。運動のためだけではなく、社会性を身につけるためにもお散歩は欠かせません。幼少期から外の環境に慣れさせておかないと、せっかくの社交的な性格も飼い主さんが奪ってしまうことになります。
家族以外の人や犬と接することができないと、いざトリミングやお医者さんに行った時、外出した時にワンちゃんも飼い主さんも苦労することになります。


★ このページに関連したお役立ち情報

 

ブリーダーサイト内検索

当店の特典&無料サービス


お手入れ"
★【無料動画】トイプードル・ブリーダーの子犬のお手入れ方法★
トイプードルの子犬を使って、ブラッシング、耳掃除、シャンプー、ドライイング、肛門絞り、爪切り、目の周りのお手入れ方法を動画で解説致します。 今後のお手入れにお役立てください。
トイプードル・ブリーダーのしつけ"/

★トイプードルご購入の方への特典★
ナカムラドッグトレーナー(千葉県)のしつけ動画プレゼント

トイレトレーニング、無駄吠え、甘噛みなどの対処方法など

「トイプードルの教科書」に掲載されました!

ブリーダーお勧め「トイプードルの教科書」"
当店で産まれたトイプードルが掲載されました!!

ブリーダー推薦犬用品とペット薬、療法食の販売

トイプードル・ブリーダー推薦のペット用品/
ロイヤルカナンのドッグフード、療法食、ペット用薬(ノミダニ駆虫薬「マイフリーガード」など)、バイオチャレンジ(消毒消臭剤)、おもちゃ、おやつ、ケア用品などのブリーダーお勧めの犬用品の販売
バイオチャレンジ"
ブリーダーご用達の「バイオチャレンジ」は人にもペットにも優しい飼育環境浄化剤。消臭はもちろんのこと病気予防にも!

ブリーダーおすすめリンク集

トイプードル・ブリーダーの店長ブログ

トイプードル・ブリーダーの 店長ブログ

トイプードル専門ブリーダーの子犬販売 プードルライフ
〒277-0831 千葉県柏市根戸5-5 (ヤナセ柏支店のとなり) TEL:04-7192-7965 FAX:04-7133-0312
動物取扱業登録番号 販売 第11-1-22号
Copyright © 2007-2017 dogwarks Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の写真・文章の無断転載を禁じます。